閉じる

MBAとキャリア

HOME > MBAとキャリア

MBAのキャリアでよくあるお悩み

キャリアチェンジをしたい

現在のお仕事内容からキャリアチェンジを行いたい場合には、以下の4つの分類に分かれます。
1、業界、職種は同じ
2、業界は同じで職種を変更
3、職種は同じで業界を変更
4、業界、職種ともに変更

MBAを取得している方でも基本的には過去の職歴が重要となりますので、中長期的なキャリア形成を見据えた上でキャリアチェンジの方向性を考えることをおすすめいたします。

マネジメントをしたい

MBAを活かしてマネジメントを行いたいという方が非常に多く見受けられます。
まずは現在働いている会社の中でポジションを上げて、マネジメントを行うことをおすすめいたしますが、会社の規模や年齢によっては時間がかかってしまうことも珍しくありません。
その際には転職をしてマネジメントに携わることも選択肢として持つと良いでしょう。
ポイントとしては、はじめからマネジメントが出来るレイヤーでのポジションでキャリアチェンジを行うことが重要となります。マネジメントがしっかりと出来る人材は今後もバリューが高くなる可能性が大きいですので、将来経営を行う立場を目指されている方にとっては、マネジメント経験を早いうちから積んでおくとキャリア形成上有利になるはずです。

専門性を磨きたい

現在のお仕事からさらに専門性を磨きたい場合、専門性の高い企業で働くか専門性の高い職種にキャリアチェンジをすることがおすすめです。
スペシャリストとしてのキャリアから逆算した形でのお仕事をご紹介させていただきます。

収入をアップさせたい

自費、社費、国費を問わずMBAに行かれた方はお金だけではなく時間も投資しているはずです。
投資した分以上に収入をアップさせたいというのもキャリアチェンジの動機の一つです。
現在の収入をベースとして、さらに良い条件のお仕事をご紹介させていただきます。

語学力を活かしたい

現在お仕事で英語や中国語などを使っていないものの、語学に自信のある方の中には語学力を活かしたいというニーズもあるでしょう。
グローバル企業や海外現地法人はもちろん、日系企業やベンチャー企業でも海外展開を行っている企業が増えてきており、語学力を活かせる職場が増えてきています。
語学力という武器を使ったお仕事をご紹介させていただきます。

市場価値を聞いてみたい

今すぐに転職を行うことは考えていなくても、自分の市場価値がどれくらいなのか気になる方も多いのではないでしょうか。
実際に外資系で働かれている方やプロ経営者の方などは、定期的にご自身の市場価値を調べていることが多いです。
今までのキャリアから相応しそうなお仕事のご紹介や、今後市場価値を上げていくためのご相談も承っております。