HOME > ブログ > あなたはどっち?会社で出世する人・しない人の特徴や違いとは

2020.10.16 2020.10.16

あなたはどっち?会社で出世する人・しない人の特徴や違いとは

12 ビュー

あなたはどっち?会社で出世する人・しない人の特徴や違いとは

同時期に入社したのに、なぜあの人だけポストが上がっていくのだろう?

同じような仕事をしているのに、なぜかあの人だけ上司から評価されている。

そんなはがゆい思いをしたことはありませんか?

今回は会社で出世する人・しない人の特徴や違いについてご紹介いたします。

出世する人の特徴とは

出世する人には、男女性別を問わずいくつもの共通点があります。

この記事では「性格」、「行動・習慣」、「仕事術」の三項目に分けて見ていきましょう。

是非ご自身を振り返りながら読んでみてください。

出世する人の「性格」

出世する人の「性格」

出世する人はどのような性格の人が多いのか見ていきましょう。

明るくポジティブ

まず何といっても明るくポジティブです。

業務が忙しい時でもイライラや鬱憤を顔に出したりすることなく、周囲に明るく振舞うことができるのはプラスになります。

こうした姿は職場を明るくするだけでなく、上司・部下問わず周りの人を巻き込む魅力があるので、出世できるかどうかにも大きく影響するでしょう。

また、精神的に落ち込むことが少ない場合も多く、仕事の波が少ない方も多いです。

素直である

出世する人には、多少耳の痛い指摘やアドバイスをきちんと聞き入れる素直さがあります。

それが自分の成長やスキルアップに繋がると分かっているからです。

特に、目上の人の意見を聞いてすぐに実行に移せることは評価の大きなポイントになります。

逆に、人の意見を素直に聞くことができないと「自己中心的な人」と思われてしまい、重要な仕事をなかなか振ってもらえないかもしれません。

成長意欲がある

出世やキャリアアップを実現するには、高いモチベーションを常に保ちながら仕事をすることが必要です。

この「保ち続ける」というのが最も難しいポイントでもあります。

出世する人には、まだまだ成長したい、という向上心が常にあり、素早く正確に成果を出すためにコツコツ努力をします。

高みを目指すためのあくなき成長意欲は、出世するための、あるいは出世してからも重要な要素になるでしょう。

柔軟で人の意見も聞き入れる

素直さとも共通しますが、柔軟に分け隔てなく人の話を聞く能力はとても大切です。

「自分より若い年次の人の話だから」と部下の意見をないがしろにするようなことがあれば、リーダーシップに欠ける、と評価されてしまいます。

多くの人の話に耳を傾けることは、出世に必要な人脈を広げるためにも必要不可欠です。

コツコツと努力を継続できる

仕事はすぐに成果が出るものもあれば時間がかかる場合もありますし、技術や知識を習得するために時間がかかる場合もあります。

高いパフォーマンスを出し続けられている人はコツコツと努力を継続できる人も多く、努力できることは立派な才能とも言えるかもしれません。

仕事以外でも自分に役立つための勉強をしたり、時間やお金を将来に向けて投資している方も多くいます。

出世する人の「行動・習慣」

出世する人の「行動・習慣」

続いて出世する人の「行動・習慣」について見ていきましょう。

規則正しい生活を送っていることが多い

出世する人は、早寝・早起き、健康に気を付けながら3食きちんと食べるなど規則正しい生活を送っていることが多いです。

業界や職種にもよるものの飲みの場のお付き合いを重要視して出世している方も少なくありませんが、適度な運動や趣味を楽しみ、仕事から離れてリフレッシュする時間を作ることも忘れない方が多いのではないでしょうか。

レベルの高い仕事をするには、健康に留意して体力をつけることも欠かせません。

思い当たることがある方は、生活を少し見直してみても良いかもしれません。

整理整頓が上手

出世する人のデスクまわりは綺麗なことも多いです。

身の回りをきちんと整理整頓することで、考えがまとまりやすくなりますし、仕事の優先順位がはっきりするので、業務を早く終わらせることにも繋がります。

デスクのまわりがいつもごちゃごちゃ、という方はまずは整理整頓から始めてみてはいかがでしょうか。

合わせてパソコンのファイルやデスクトップ画面も整理整頓しておくことをおすすめ致します。

ストレスのコントロールが上手

仕事でのストレスは誰もが感じるもの。

ストレスに飲み込まれずにうまくコントロールし、レベルの高い仕事をするのが出世への鍵です。

運動や趣味など何でも良いので、何かに没頭して気持ちを切り替える時間を持ち、ご自身をストレスから逃がしてあげましょう。

そうすることで再び仕事に集中できるようになります。

フットワークが軽い

フットワークが軽く、巡ってきたチャンスを逃さないことも、出世する人の特徴として挙げられます。

自分にとってプラスになる人脈を広げる機会を逃さないことが大切です。

また、何か仕事を任せようとしたとき、モタモタしている人よりも、すぐに行動に移せる人にお願いしたくなるのは自然なことですよね。

無駄な誘いには乗らない

出世する人は、自分にとって必要な付き合いとそうでない付き合いをきちんと切り分けています。

フットワークが軽いのとは矛盾するように感じるかもしれませんが、すべての人に良い顔をすべきというわけではなく、自分のプラスにならない誘いにはハッキリとNOと言っても良いのです。

時間は限られていますので八方美人になるのはやめて、出世に繋がらない無駄な付き合いは控えても良いかもしれませんね。

出世する人の「仕事術」

出世する人の「仕事術」

最後に出世する人の「仕事術」について見ていきましょう。

仕事の効率化を常に考えている

出世する人は、とにかく仕事が早いことが多いです。

あるいは、今ある仕事をいかに効率化するかを常に考えています。

素早く丁寧に仕事を終わらせられる人は、上司の目にも留まりやすくなるでしょう。

仕事の効率化ができるかどうかは、仕事のできる/できないを分ける重要なファクターとも言えます。

言われる前に動く

指示が与えられるのを待つ暇があったら動く。

これも出世する人の特徴です。

いつも余裕があり、仕事ができる人と見なされるので、裁量のある仕事を任されやすくなります。

オーバーワークになって逆に周囲に迷惑をかけそうになる前に、現在の進捗状況をきちんと上司に伝えることも重要です。

締め切り、納期を守る

社会人として当たり前かもしれませんが、締め切りや納期は必ず守るようにしましょう。

社会人の基本として、新人時代にこれを叩き込まれた人も多かったと思います。

年次が上がっても、締め切りを守ることの重要性は変わらず、言い訳は通用しません。

周囲からの信頼を得ていくためにも、決して侮らないようにしましょう。

失敗してもくよくよせず、成長への糧と考える

失敗して上司や取引先に怒られても、気持ちの切り替えが早く、「失敗を繰り返さないためには」「次に挽回するには」など、現在の状況に沈まずに常に先のことを考えています。

反省し、次の行動に繋げるので同じ失敗をすることはありません。

これには相当なポジティブ思考が必要になりますので、メンタルのトレーニングが必要かもしれません。

チームワークを大切にしている

出世する人は、自分一人で頑張ろう、のし上がろうとするのではなく、チームで仕事をすることの大切さを十分に理解しています。

会社、またチームという組織を一人で動かすのは難しいことですよね。

仕事のできる人は、周りを鼓舞しながら自分のモチベーションを上げて仕事をしています。

組織内でのリーダーシップは、最も目に見えやすい評価ポイントかもしれませんね。

会社から評価される人材になるには?

出世するには高いモチベーションと成長意欲を保つことが不可欠です。

漠然と出世を目指していても、なかなか具体的な行動には移せないかと思いますので、まずは社内で自分が目指すべき人を見つけてみることをおすすめします。

具体的な目標像がはっきりすることで、出世への道筋が思い描きやすくなり、仕事への熱意も変わってくるでしょう。

成果が出せるようになれば、会社から評価され、出世への第一歩が開けていきます。

仕事ぶりが社外にも認められ、ヘッドハンティングされる可能性も出てくるはずです。

ご自身の可能性を最大限伸ばしていけるよう、人脈を築きながらコツコツと努力をしていきましょう。

RECOMMEND